滋賀糖尿病療養指導士(CDE滋賀)に関する情報を提供するサイトです。
湖上の白鳥

  CDE滋賀が目指すもの


滋賀県内で糖尿病を専門とする医師、認定看護師、日本糖尿病療養指導士(CDEJ)から構成された滋賀糖尿病療養指導士(CDE滋賀)認定委員会は、糖尿病療養指導にかかわる人材の継続的な研修による指導技術の底上げ、地域連携活動の強化をめざし、滋賀県限定の資格としてCDE滋賀(Shiga Local Certified Diabetes Educator)の認定をします。当会ではCDE滋賀の認定事業だけでなく、滋賀県の医療圏ごとに研修および地域活動拠点病院を中心に日本糖尿病協会の患者会と活動ができる体制づくりを支援します。

CDE滋賀の資格取得には所定の講習会を受け、試験に合格する必要があります。資格取得後は5年ごとに所定の単位を修了し、活動報告書の提出を更新の条件としています。

目 的
滋賀における糖尿病教育の正しい知識及び技術の普及・啓発、ならびに滋賀県の地域の特徴に配慮し、糖尿病患者さんとともに滋賀県ならではの療養支援活動をする医療スタッフ「CDE滋賀」の認定と養成を目的としています。

受験対象者
看護師、准看護師、助産師、保健師、管理栄養士、栄養士、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、視能訓練士、健康運動指導士、介護支援専門員、社会福祉士、介護福祉士、臨床心理士、歯科衛生士のいずれかの資格をもつ者または行政の担当員で、医療・介護の業務を1年以上従事している方でCDE滋賀は日本糖尿病療養指導士(CDEJ)が職場環境や職種的に取得できない方が主な対象者です。
なお、CDE滋賀認定者は滋賀県糖尿病協会会員となり会費が必要となります。

CDE滋賀取得のメリット
  糖尿病患者会での活動に参加でき、実践的な知識が増やせる。
  糖尿病患者さんの療養上の相談に自信を持って応じることができる。
  有資格者による情報交換やネットワークに優先して参加できる。
  糖尿病ライフ「さかえ」の定期購読により、正しい知識を習得できる。
  資格更新のための充実したサポートを受けられる。

CDE滋賀の認定
①「CDE滋賀認定試験・滋賀県糖尿病協会入会申込書」の審査、②講習会の受講、③筆記試験の審査・採点により合否が判定されます。合否判定通知はCDE滋賀のホームページ上で合格者の受験番号を掲載し、滋賀県糖尿病協会入会後に認定書を交付します。

なお、過去に日本糖尿病療養指導士(CDEJ)を取得されたが、更新をされなかった方(元CDEJ)、現CDEJの方でCDE滋賀も取得する場合は申請のみで認定講習会、試験が免除されます。なお現在CDEJを取得されている方(現CDEJ)はCDEJを優先して更新してください。